インフルエンザの菌をまき散らす女性

タミフルはインフルエンザの予防と治療に有効です。会社や学校、通勤通学の電車内、公共施設など、何時何処でもインフルエンザに感染する可能性を秘めています。もしも感染してしまったら…では遅いので、備えあって憂いなしのタミフルを常備しましょう。

手洗いで防げないインフルエンザのタミフルの飲み方

インフルエンザは特に冬の時期に大流行する感染症で、予防法には予防接種や手洗いうがい、外出時のマスク着用などが有効であるとされています。しかし外出後、帰宅してすぐにうがいや手洗いを行っていても手洗いがきちんとできていなかったり、体の抵抗力が落ちていたりするとインフルエンザに感染してしまうことがあります。インフルエンザに感染すると病院などで抗インフルエンザ薬を処方されます。この時に処方される抗インフルエンザ薬で有名なのはタミフルです。タミフルにはドライシロップタイプやカプセルタイプなどがあり大人も子供も服用することができます。タミフルはインフルエンザウイルスに対抗し、インフルエンザウイルスが体内で増殖しないように作用し、インフルエンザの症状が悪化することを抑え、症状が出る時間を短くする働きを持っています。タミフルはインフルエンザウイルスの増殖を抑えるための薬で、退治するものではないのでインフルエンザウイルスが体内に広がってしまう前に服用することで効果を発揮する薬です。そのため効果的な飲み方としてはインフルエンザの感染が確認されてから48時間以内に服用を始めることです。48時間よりも早くに服用することに越したことはないので、急な高熱や関節など体の節々の痛みなどインフルエンザの症状を感じたらできるだけ早めに医療機関を受診することが大切です。タミフルの飲み方は治療と予防の場合で少し違いがあります。インフルエンザ治療の場合の飲み方としては1日2回、1カプセルの服用が一般的で5日間継続して服用します。症状が落ち着いても体内にはインフルエンザウイルスが残っていることがあるため処方された分すべてをきちんと服用することが大切です。予防の場合には1日1回の服用で、大人の場合には7日から10日、体重が37.5kg以上の子供の場合には10日間服用するのが一般的です。