インフルエンザの菌をまき散らす女性

タミフルはインフルエンザの予防と治療に有効です。会社や学校、通勤通学の電車内、公共施設など、何時何処でもインフルエンザに感染する可能性を秘めています。もしも感染してしまったら…では遅いので、備えあって憂いなしのタミフルを常備しましょう。

地区の流行情報の把握と治療にタミフルと水分補給を

インフルエンザの治療においてタミフルが登場したことは多くの人を助けることになりました。子供や老人のようにインフルエンザにかかることによって合併症を伴ってしまい、重篤な状況になってしまいやすい人たちを少しでも早く回復させるのに役立つからです。タミフルを早期に服用し始めることによって回復を一日程度早めることができることから、それだけ合併症を伴うリスクも減り、より症状に苦しめられる期間も短くすることができます。タミフルによる治療を行うことで症状も緩和されることが多いものの、水分補給などの基本的な対応も欠かせないのがインフルエンザ治療であることは忘れてはなりません。高熱を伴うことから水分が不足してしまうことが多く、水分補給を行っていかないと脱水症状になるリスクもあります。また、消化器症状を伴うこともあり、嘔吐や下痢などによって水分が失われることもしばしばあります。そのため、積極的に水分補給を促すことが回復を早めることにつながるのも事実です。こういった形で治療が容易になってきてはいるものの、予防を行っていくということは重要な視点です。そのための情報収集として地区での流行情報を把握することは欠かせません。特に子供や老人は学校や施設などで集団感染をすることもあるため、地区での流行情報を確認してどれだけの感染リスクがあるのかということを理解しておくことが予防への取り組みを促します。感染が広がっている地区の場合には外出を控えたり、人混みを避けたりするという方策を取ることが予防になるでしょう。すいった視点をもって地区での情報を集めて予防に取り組んでいくということは治療を行う以前に大切にしておくべき視点です。