インフルエンザの菌をまき散らす女性

タミフルはインフルエンザの予防と治療に有効です。会社や学校、通勤通学の電車内、公共施設など、何時何処でもインフルエンザに感染する可能性を秘めています。もしも感染してしまったら…では遅いので、備えあって憂いなしのタミフルを常備しましょう。

タミフルに抜け毛の心配なし!体を温めると回復も早い

タミフルはインフルエンザを治療するために処方される経口薬で、その作用機序からノイラミニダーゼ阻害薬とも呼ばれます。インフルエンザにはA型、B型、C型とありますが、A型およびB型にのみ適応します。インフルエンザの症状が発症してから48時間以内に服用することで、ウイルスの増殖を抑え回復を早めるのがタミフルの作用です。インフルエンザは症状が現れると、急速に体温が上昇し、38度以上の熱が出ますが、その間に寒気などを感じて体が震えることがあります。しっかり体を温めることである程度の体温になると震えも収まりますが、子供が高熱を出していると、親がびっくりして解熱剤などを利用し熱を下げようとしてしまいます。インフルエンザに感染すると高熱になるのは、ウイルスに対する防御機能が働いているためで、高熱によってウイルスの活動を弱めているのです。そのため、体温を下げるというのはウイルスを活発に活動させてしまうことになるので、解熱剤などは用いずに体を温めることに注力した方が良いのです。体温の上昇はある一定の数値で止まるため、しっかり体を温めることで体への負担も少なくなり回復も早まります。また、タミフルを使用すると抜け毛が激しくなるという人もいますが、タミフルの副作用には髪の毛に関わるようなものはありません。もし、抜け毛が激しくなるようであれば、免疫がウイルスと闘っているストレスや高熱による影響だと考えられます。薄毛に悩む人であれば抜け毛は一大事ですが、インフルエンザの治療を止めてまで髪の毛を守るようなことはしないようにしましょう。服用を中止するとウイルスに耐性を作るきっかけにもなるので、処方された分は最後まで飲みきるようにしないといけません。